愛媛のみかん処・真穴 MADE IN MAANA

真穴地区は、愛媛県の西部・八幡浜市の南西部に位置しています。 遙か太平洋へと波打つ宇和海に面し、背には段々畑が広がっています。 真穴共選は八幡浜市の南へ続く美しいリアス式海岸に沿って穏やかな内海に面する南西部で真網代(まあじろ)、穴井(あない)の両地区240軒のみかん生産農家で構成されています。産地全体が南から西に向けた海岸に位置し、西より照りつける太陽と潮風のあたる日本一のみかん産地です。







WIKIPEDIA

八幡浜市 YAWATAHAMA CITY

八幡浜市(やわたはまし)は愛媛県西端にある佐田岬半島の付け根に位置し、北に伊予灘、西に宇和海を望み、丘陵地が多く、海はリアス式海岸が続き、温暖で風光明媚な市である。
古くは、九州や関西地方との海上交易が盛んで「伊予の大阪」と謳われ、現在は、年間40万人近くが行き来する西日本有数の八幡浜港を抱え、四国の西の玄関口、西四国の交流・交易活動の拠点として発展してきた。
温暖な気候と地形を生かした柑橘栽培が盛んで、温州みかんは質・量ともに全国有数の産地であり、「真穴」「日の丸」「川上」「蜜る」など全国に知られたブランドみかんを生産している。太陽の直射光、海からの反射光、段々畑の石段の輻射熱の「三つの太陽」を浴びて育ったみかんの美味しさはひとしおである。
また漁業も盛んで、とりわけ有名なのは、四国一の規模を誇る魚市場である。八幡浜港は天然の良港として栄え、中型トロール船団の基地となっており、四季折々のたくさんの種類の魚が水揚げされ、早朝の活気にあふれた市場風景と産直市場は、市の名物となっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』